Ruby

ARGVで複数の引数に対応させる方法

ARGVを使うとコマンドラインに入力したデータを引数として使うことができるのでめちゃくちゃ便利です。

今回はARGVで複数の引数に対応させる方法について迷ったので、備忘録として記録していきます。

ARGVで複数の引数に対応させる方法

コマンドラインで指定したファイル名を表示したい場合は以下のコードで実行することができます。

ARGV[0]とはARGVの第一引数を指定するという意味です。
これではコマンドラインで指定することができるファイル数は一つになってしまいます。

[0]を消してARGVだけにすればいいんじゃないの?と思いますよね??
しかしARGVは配列として返すので、no implicit conversion of Array into String (TypeError)とエラーになってしまいます。

ARGVで複数の引数に対応させる具体的な方法

ARGVで複数の引数に対応させるためには、繰り替え処理を使用します。
具体的なコードは以下のようなものです。

上記のコードであればコマンドラインに入力された引数が繰り返し処理をされるので、複数の引数に対応することができます。