Ruby

【写真つき】rbenvのインストールからRubyのバージョン管理まで解説

今回はMacにrbenvをダウンロードする方法について解説していきます。
rbenvをダウンロードする方法は2種類あります。

rbenvをダウンロードする方法

  1. Git-Hubからダウンロードする
  2. brewを使ってダウンロードする

簡単にダウンロードできるのは②のbrewを使う方法ですが、今回は①、②どちらも解説します。

Git-Hubからダウンロードする

まずはGit-Hubからダウンロードする方法です。
rbenvがあるGit-Hubのページに飛びます。

URLはこちら↓
https://github.com/rbenv/rbenv

  1. Git-HubのページにあるClone or downloadのプルダウンメニューを開いて、URLをコピーする。
  2. ターミナルで、git clone <コピーしたURL>を実行する

Homebrewを使ってダウンロードする

Homebrewってなんだ??

HomebrewとはmacOSまたはLinuxで提供されていないパッケージをインストールできるアプリケーションです。
rbenvにかぎらず色々なものをインストールするときに使うのでHomebrewもインストールしておくことをオススメします!

Homebrewのインストール

Homebrewのインストール手順です!

  1. Homebrewのサイトにアクセスすると以下のページが開きます。
  2. 【インストール】の下にあるコマンドをコピーします。
  3. コピーしたコマンドをターミナルに貼り付け、実行します。
    実行後にパスワードの入力が求められますのでPCのパスワードを入力してください(パスワードは表示されませんので注意してください)
ryotsukada@RyonoMacBook-Pro ~ % /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
Password:

これでHomebrewのインストール完了です!
インストールには時間がかかりますが気長に待ちましょう。

Homebreでrbenvをインストール

rbenvをインストールするコマンドは以下のとおりです。

brew install rbenv

GithubよりもHomebrewを使った方が簡単にダウンロードすることができますね!

rbenvをインストールしてからRubyのバージョン管理をするまでの手順

rbenvをインストールするだけではRubyのバージョン管理はできません。
以下にrbenvをインストールしてからRubyのバージョン管理をするまでの手順を書いていきます。

rbenvがインストールできているかを確認

上記の手順でrbenvをインストールしたら、まずはrbenvがほんとうにインストールできているかを確認しましょう。

なんかしらの問題でエラーが発生してインストールできていないかもしれません。
インストールできているかを確認する方法は以下の通りです。

brew --version

ただしくインストールできていれば以下のようになるはずです。

rbenv 1.1.2 #バージョンは現在とは異なる可能性があります。

このように表示されれば無事にインストールできている証拠です。

rbenvでRubyをインストールしよう

rbenvの次はRubyをインストールしましょう。
いま扱えるRubyのバージョンを調べます。コマンドは“rbenv versions”です

まだRubyをインストールしていないので扱えるRubyのバージョンは表示されていませんね。

それではRubyをインストールしていくのですが、その前にインストールできるRubyのバージョンを調べていきます。
コマンドは“rbenv install –list’‘になります。

ここでは2020年12月23日時点で最新のRuby2.7.2をインストールします。

これでRuby2.7.2が追加されているはずです。

はい、無事に追加されていますね!

インストールしたバージョンのRubyに設定する

しかしこれではまだインストールしたバージョンは使えません。
下の写真を見てもらいたいのですが*マークがありますよね?

この*マークが現在の環境設定をあらわしています。
先ほどインストールした2.7.2に設定されていないのがわかります。

インストールした2.7.2に設定していきましょう。
コマンドはrbenv global(またはrocal) 2.7.2(指定したいバージョン)です。

これでOKですね!

ちなみにglobalとは、コマンドを実行したディレクトリ以外にも設定を反映させます。
もし現在のディレクトリだけの設定にしたい場合は“rbenv global 2.7.2”ではなく、“rbenv local 2.7.2”にします。

rbenvをダウンロードするだけじゃRubyのバージョンを変更できない

rbenvをダウンロードする理由はRubyのバージョン管理だと思います。
ですが、rbenvをダウンロードするだけじゃRubyのバージョンを変更することはできません。
以下のコードを見てください。

rbenvでRubyのバージョンを変更しても、ruby -vで確認してみるとバージョンが変更されていないことがわかります。

その理由はrbenvのパスにRubyがないことが原因です。

rbenvでRubyのバージョンを管理するには、
~/.rbenv/shims/ruby
でないといけません。

しかし多くの場合rubyの場所は、
/usr/bin/ruby
となっていると思います。

そのため
~/.bash_profile
にパスを通す記述が必要です。具体的には以下のコードが必要です。

~/.bash_profileを修正することでrbenvでRubyのバージョンを変更することができるようになりました。

困っている方は試してみてください!