SQL

PostgreSQLの基本操作まとめ(Mac版)

PostgreSQLのコマンドをググってみたのですが、プログラムが動かないものが多くて困りました。

なので備忘録がわりにPostgreSQLの基本操作についてまとめておくことにしました!

まだ内容が不十分なのですが適宜アップデートしていきます。

PostgreSQLの起動とログイン

まずはPostgreSQLを起動します。
以下のコマンドを入力して起動します。

 

データベースの作成

“memo_app”というデータベースを作成します。
下のスクリーンショットは”memo_app”を作成する前のデータベース一覧です。

現在は”postgres”、”shop”、”template0″、”template1″の4種類のデータベースがあります。

memo_appというデータベースを作成します。

“CREATE DATABASE”と出ているのでデータベースが作成されました。
いちおうデータベースの一覧を出力して確認をしましょう。

“memo_app”というデータベースが作成されてました!

PostgreSQLを終了してデータベースに接続する

データベースが作成できたらいったんPostgreSQLを終了して、再度データベースに接続してみます。

PostgreSQLを終了するコマンドはこちら↓

PostgreSQLを終了できてますね。
次にPostgreSQLの起動とデータベースにログインをしていきます。

コマンドは以下のとおり。

 

テーブルの作成

データベースができたら、次はテーブルを作成していきましょう。
テーブルを作成する方法は以下のとおりです。

実際のテーブル作成手順はこちらです。
列名1:user_id        データ型1:CHAR(4)      列の制約:NOT NULL,
列名2:memo_title   データ型2:CHAR(100)  列の制約:なし,
列名3:memo_text   データ型3:CHAR(300)  列の制約:なし,
PRIMARY KEY (user_id));

テーブルが作成できているかを確認してみましょう。
テーブル指定して、テーブルの内容を出力してみます。

今回はテーブルにあるすべての列を確認したいので、”SELECT *” で出力します。

しっかりと”user_id”、”memo_title”、”memo_text”の列が作成できています。

データベースの検索

 

データベースの削除